• kanon

お久しぶりです!

最終更新: 1月18日

こんにちはkanonです!お久しぶりです!

特に訳あったわけではないのですが、サボっていたブログを再び始めようと思い、こんな記事を描いています。


今回の記事は、ブログを書いていない間、一体何をしていたかの言い訳、活動記を書いていこうと思います。


イラストの仕事をしていた

ブログを休止していた期間中、数年間休止していたイラストの仕事を再開していました。


事の始まりは数年前、大学2年の春に何かイラストの仕事がしたいと思い、イラストマスター(イラストレーター)試験を通過すればイラストの仕事ができるというトミーウォーカーという会社の試験に通過し、無事イラストマスターとしてお仕事をいただくことが出来ました。


好きな時に仕事を受けることができるこのお仕事を、大学2年の晩夏に留学に行くまで続けてました。学生ビザでの留学だったので、留学をしてしまえば仕事ができなくなるのでは(実際はそんなことなかったです)と思い、しばらく休止していましたが、帰国後もそのままその仕事に籍を置き続けながら休止を続け早2年...


大学を卒業し、まずイラストレーターを目指したけれど、なかなか仕事がなかった私は、イラストレーターで食っていけるようになるにはまず自分のできることから始めなきゃ!

と一念発起したことで今年の8月、トミーウォーカー様でのお仕事を再開し始めました。


↑『第六猟兵』(C)kanon/トミーウォーカー

お仕事の形態もすっかり変わってしまい、イラストのリクエストがないとお仕事が受けられないという形になったため、しばらくはやはりお仕事がなくて「もしかして2年も休止していたから除籍されちゃったのかな」「自分の絵ってこんなに需要ないの?」と2年間も仕事を放置した反省と不安の中で過ごしていたため、始めてリクエストが来た日はとても嬉しかったのを覚えています。

そこからは、いつリクエストが来ても断らない!を信条に以前よりもたくさんの仕事に打ち込んでいます。


何かちょっとでも嫌なことがあるとすぐに「やめてもいいんだよ」と意見が来る現代。

以前までは私もその言葉を、風潮を信じて、バイトとかも嫌なことがあったらすぐにやめたり切り替えたりしていましたが、(結果的にそれで正解だったこともあるので、すぐやめることが一概に悪いことだとは言いませんが)やめないで向き合うことだって大切なことなんだ、きっとこの積み重ねの上に大きな結果が得られるんだということを信じて仕事をしていくことの充実感をひしひしと噛み締めて仕事に打ち込んでいます。


お客さんに信頼されるように一枚一枚全力をぶつけて制作し、コツコツと実績と信頼を積み上げることで、最終的に大きな結果、「イラストレーターで食っていく夢を叶える」ことができるようになる。と信じて今は楽しくお仕事をしています。


つまりは仕事絵なので、会社との規約の関係で完成形しか上げることができないので、ある程度枚数が溜まってからまとめてブログにしようと思っていた。ということで、1枚1枚ブログにはしなかったわけです。


2次創作のイラストを描いていた

7月下旬〜8月中旬あたりまで、ずっと2次創作のイラストばかりを描いていた時期がありました。

と、いうのもTwitter上で、とても綺麗なタッチで私の大好きな「ポケモンレンジャーシリーズ」のイラストを描く人にお会いしまして、私のポケモンレンジャー熱が再燃し、ポケモンレンジャーの2次創作を中心に描いていた。というわけです。

普段私は他のアニメや漫画、ゲームなどの作品は見ますが、その二次創作絵を描くことはほとんどありません。


理由は「描いている途中に飽きてしまう」から。


自分の創作なら世界観を好きなようにできるので、自分の「好み」に合わせて描いている途中に色々改変できますし、何よりも私は世界観を作りながら描くのが好きなので、すでに形が決まっている二次創作だから描いている途中で飽きてしまうのかもしれません。


そのため、子供の頃からアニメや漫画、ゲームの模写をしたとかの経験が少ないです。

自分なりの解釈に落とし込んで、自分なりに元作品風の全く新しい世界、創作キャラを作って、そのキャラを主人公にして元作品のキャラと絡ませて楽しむ、みたいなことをしていました。

しかし、2次創作や模写の経験が少ないせいか、自分の絵がどことなく独特で、自他共に感動、共感しづらい絵柄の絵になってしまっているのも事実だなあと最近感じてきました。



自分の絵は、確かに日本のアニメ風のタッチにカテゴライズされるのでしょうが、日本のどのアニメとも似ていない上に、萌えでもなければ、感動、共感に訴えかけるようなものでもない。

絵を見る人にも、自分でもなかなか共感、感動できない絵であるということが悩みでした。


ゆえに「自分の心に響いた既存作品の2次創作を描いて、誰かの心に響くようなポイントがこの作品のどこにあるのか知りたい、既存作品のいいところを吸収しよう」と二次創作を常に練習として意識していました。



ただ、最初にも言った通り、2次創作はやっぱり描いている途中に飽きてしまうので、「作品に、二次創作に「どハマりしているとき」(←ここが重要です。)に、そのどさくさに紛れて、あまり時間をかけないでサッと、短期集中で描くのが私にとっては2次創作をするいい方法でした。


ポケモンレンジャーシリーズ、その他の既存作品にどハマりしたタイミングが丁度7-8月ごろだったので、「どハマりしているタイミングを生かして、2次創作を描いてやろう!」と躍起になっていた時期だったので、この時期は2次創作ばかりを描いていたわけです。


2次創作なので、著作権のこととかを考えるとあまり表立って活動するのもどうかなとか考えたり、何よりもオリジナルばかり描いている私の二次創作を誰かわかってくれる人がいるのだろうかとちょっと臆病になっていたこともあり、結果的にこれもブログに乗せるまでには至りませんでした。

旅行していた

実は8月は、ほとんど地元にはいませんでした。

時期はバラバラでしたが8月中の3週間ほど、県外に旅行、里帰り、新盆に行っていました。

絵と完全に離れていた、というわけではないのですがやっぱり旅行なので、資料写真を撮ったりもしますが、そこは旅行を楽しむことを優先にしたいわけです。




人と触れ合い、旅行を楽しむと、だんだん「帰ったらもっと頑張って仕事してやる!もっとたくさん作品を描いて見せるぞ!」とか仕事に意識が向いてきます。

そういう意味でもとてもリフレッシュできたお休み期間でした。




というわけで、7−8月中は夏休みのような感じで過ごしていましたが、水面下でも活動はしていましたよとのことです。

旅行や二次創作でやる気をチャージし、9月からはブログも自分に合った方法を模索しつつ復活させて、バリバリ活動していきたいと思います。




20回の閲覧

© 2023 by Rafael Nash. Proudly created with Wix.com